SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

文房具のこが屋 文具やさんのきままな鉛筆

埼玉県戸田市の文房具屋、こが屋の店長のブログです。文具のことから、趣味やお店のことなど気ままに書きます。
早稲田大学構内で開催された地球感謝祭2009
0
    地球感謝祭2009で踊る若者昨日はお墓参りに古河まで渋滞を避け電車で行って来ました。

    店は休みなので、そのまま故郷早稲田へと地球感謝祭2009を見に足を伸ばしました。早稲田大学周辺の7つの商店会が連携し、早稲田大学キャンパスを会場に開かれているものですが早稲田と言うまちを構成する組織が連携しているイベントになっています。

    大隈重信候の銅像と大隈講堂13:30〜15:00まで、東京マグニチュード8.0の橘正紀監督と戸田でも後援頂いた国崎信江さんによるトークセッションと、講演が大隈記念講堂小講堂で開かれていたようです。私が着いたのは15時過ぎだったので両方とも聞くことは出来ませんでした。

    このイベントに行くのは子ども時代の友人だけでなく、環境問題を通して発想の転換を学んだエコステーション事業で知り合った多くの人に出会えるからです。

    今年は食べ物のブースが増えた事もあるのか何時に無く賑やかな気がします。遅くなった事もあるのですが、踊りなどのスペースを確保している事もあったかもしれません。

    「踊り侍」と書かれたコスチュームで、よさこい鳴子踊りを元気に踊る若者を見ていて、高知の友人を思い出していました。この友人もエコステーション事業で知り合った人です。踊りを見ていると元気が出てきます。若さは良いですね。年齢ではなく心を若くしておく事も必用ですね。(^_^)





    うろうろしているだけで何人もの知り合いと出会い話をしてきました。

    このような場が戸田にももっと増えると良いですね。
    | 地域間交流 | 14:33 | comments(0) | - | - | - |
    震災疎開パッケージから「ご無事で何より」と、特産品が届きました。
    0
      福島市から届いた「ご無事で何よりの品」です。今日、福島市から「ご無事で何よりの品」が届きました。我が家で「震災疎開パッケージ」を購入しているのですが、昨年1年間に地震、噴火、津波を原因とする災害がなかったので「1年間何事もなくご無事で何より」と届いたものです。

      今年は福島市の特産品から選びました。福島市の商工業者の方々とは商店街ネットワークでの出会いからお付き合いが始まったものです。知り合った農家さんもサクランボ、桃、ブルーベーリーなど作られているので注文したのですが、我が家で選んだ品には、写真左からブルーベリージャム、ネクタリンジャム、ブルーベリー酢の3種類が入っています。

      知り合いの農家さんを訪ねた際にもいで食べさせてもらったブルーベリーの味はおいしかったぁ、作られた方は違いますが、どんな味に仕上がっているのでしょう?ブルーベーリー酢ってどんな味なのでしょう?

      楽しみです。

      震災疎開パッケージについては"http://www.m-shoutengai.com/"をご覧ください。他の特産品カタログなども出ていますよ。

      この商品の特徴は、災害に備える事もありますが、観光や物流など普段の交流を通して仲良くなることが大切。そして万一の時にも安心して家族の避難や被災生活をいっときでもゆっくり出来る場を作ろうと、お互いの特長を活かしながら協力し合おうと言うものです。

      こが屋文具でも取り扱っています。申し込み翌月の1日から1年間、同居家族5人までがカバーされ10,500円になります。店頭には並んでいませんので店の者にお問い合わせください。
      | 地域間交流 | 20:36 | comments(0) | - | - | - |
      山形から戸田自麦酒のお返しにおいしい「わさび」が届きました!
      0
        ごつごつした本わさびが山形の知り合いから送られてきました。昨日、山形の交流先から本わさびが送られてきました。代表を務めるエコ・とだ・ネットワークが企画提案した戸田市の地ビール「戸田自麦酒」フォア(4+)を贈ったお礼なのですが、思いもよらないものが届き、早速代表の特権で食べてみました。

        敬老の日で娘夫婦がちょうど来ていて、食事を刺身にしていたのでグッドタイミングでした。普段ですとチューブのワサビですからね。本山葵を買って擂り卸しながら食べるのは無いので、楽しませてもらいました。

        辛さのなかに甘みなどもあり多めにつけても美味しいですね。チューブとは比較にならない美味しさでした。お送りいただき感謝です。

        可愛い葉も覗いていて良いですね。可愛い白い花を思い出します。小さな葉も覗いていて良いですね。

        山形もわさびを特産品にしようと頑張っているようです。山形県だけでなく交流している地域があります。エコ・とだ・ネットワークは生ゴミを核にしながら地域間交流により人の交流、物の交流を模索しながら活動中です。

        今週中に会議があるので抽選でもしてメンバーにも分けて味わってもらいたいと思います。
        | 地域間交流 | 16:41 | comments(0) | - | - | - |
        水稲荷神社と山吹の里
        0
          新宿区西早稲田にある水稲荷神社。早稲田にある水稲荷神社へお参りに行って来ました。

          境内には氏子が願いを込めて奉納した幟が沢山立っています。その赤がひときわ雨上がりに映えていました。お稲荷様だけに神使は狛犬ではなくて狐です。子どもの頃に良くこの狐の台座に登ったりしたものでした。

          私の育ったのは水稲荷神社の近くなのですが、子どもの頃は水稲荷様はこの場所ではなく、東の穴八幡様に近い場所でした。


          神社に奉納された幟水稲荷神社の神使は狐です。










          神社の参道には二宮金次郎の像も見られます。その昔小学校にあったやつかも・・・・。赤穂義士、堀部安兵衛の碑や大田道灌の駒つなぎの松などもあります。

          戸塚のいわれとなった冨塚古墳今回本殿の裏手に回り始めて知ったのが「冨塚古墳」のこと。住居表示が変更になり新宿区西早稲田と言うのですが以前は戸塚町と言いました。そのいわれがこの古墳だそうです。




          隣接している甘泉園の一帯は「山吹の里」としても有名です。

          甘泉園北側にある入口上の池と下の池の途中から大田道灌が突然のにわか雨に遭い農家で蓑を借りようと立ち寄った時、娘が出てきて一輪の山吹の花を差し出された。この話を家臣にしたこところ、それは後拾遺和歌集の「七重八重 花は咲けども 山吹の実の(みの)一つだに なきぞ悲しき」の歌に掛けて、家が貧しく蓑(みの)ひとつ持ち合わせがないことを奥ゆかしく答えたのだと教わった。と言う故事をご存知の方も多いのではないでしょうか。

          甘泉園は山吹も多く植えられている、綺麗な庭園で、写真好きな人や歴史散歩の方などに出会うことが多いです。子どもの頃は早稲田大学の敷地で中には入れませんでした。小さな庭園ですが一度訪れてはいかがですか。甘泉園、水稲荷神社へは都電荒川線「面影橋」下車が便利です。

          私の母校、戸塚第1小学校は水稲荷神社の隣りにあります。

          都内で唯一残された都電荒川線。早稲田始発で三ノ輪橋まで。お参りした帰りには早稲田から都電に乗り、大塚駅で乗換えて戻って来るのですが、これが一番便利なんです。






          動画で雰囲気をお楽しみください。


          | 地域間交流 | 19:46 | comments(0) | - | - | - |
          初めての那須高原
          0
            新緑とヤマツツジ昨日から所要で那須にお邪魔しています。車で移動中、ヤマツツジの赤が際立つ新緑の中を通過しました。那須は初めてですがとても素敵なところですね。

            道端にあるお店の看板もこげ茶色に白文字と統一されていたりと景観には注意されているようです。

            この写真は昨日、車の中から取りました。

            手元で見ることの出来たウワミズザクラの花今朝降っていた雨も出かける前に上がり曇り空の中、せせらぎ沿いの小道で甘い香りのウワミズザクラが満開なのに出会いました。

            雨上がりで気持良いと言うより肌寒いくらいに気温も下がっているのですが、とても爽やかな中での香りは良いですね。それにしても、かわいらしい花が沢山付いています。

            初めてこの花を知ったのは震災疎開パッケージで2003年5月入広瀬村(現在の魚沼市)に現地視察交流ツアーに参加したときでした。白い綺麗な花を道端で見ましたが離れていて良く分かりませんでした。今回、手元でしっかり見ることが出来ました。

            ギンランの白が駐車場の木立の中で目立ちます。駐車場の脇に1株だけ咲いていたギンランを教えていただき1枚撮らせてもらいました。
            | 地域間交流 | 19:50 | comments(0) | - | - | - |
            今年も届いた雪下にんじん
            0
              一年振りに雪下にんじんとの再会です。商店街ネットワークを通して知り合った長野県飯山市からの特産品が今年も届きました。

              一昨日の23日に雪の中から目覚めたにんじん、その名も「雪下にんじん」です。痛むのを防ぐため約1日、泥を乾かし出荷され、今日届いたものです。毎年この時期だけ、この味を楽しむことが出来ます。

              とても甘くてフルーティなニンジンなんです。

              とても鮮やかなオレンジ色をしたフレッシュな雪下にんじんです。ウサギの居るお皿に乗せて写真を撮ってみました。写真でも分かるように鮮やかなオレンジ色でとても瑞々しいんですよ。すぐにスティックでバリバリと食べましたが、おいしかったぁ。

              店を閉めてから、長女の家まで届けに行ってきたので、明日は次女の家まで届けに行こうと思っています。

              「そんなに急がなくても」とお思いでしょうが、雪下にんじんを美味しく食べるのは、届いて3日〜4日位までが良いのです。にんじんにすれば、寒いので普段より糖分を増して、わが身が雪の下で凍結するのを防ぐためにしていることで、雪から出れば1週間程度で普通のにんじんに戻ってしまいます。この味を長く楽しむため、ゆでて冷凍にしたり、酢漬けにしたり、ジャムのようにしたりして楽しんでいます。

              時間が来ると元に戻ることから「シンデレラにんじん」と称したお客様もいらっしゃいました。とても素敵な発送のネーミングです。

              雪下にんじんは、通常は秋に収穫するニンジンなんです。発祥は秋にとれるニンジンをそのままにしておいて春に掘り出したら甘かったということらしいのですが、今は秋に収穫するにんじんよりも若干遅く蒔いて、まるっきり一冬土の中で過ごしています。

              種まきは夏の終わりごろで、初雪は例年11月中旬でしょうか?今年は一気に春が来たという感じで、にんじんの畑もみるみるうちに雪が消えているとのことです。本当に気象に左右される商品なので、栽培者も飯山ではわずか3軒程との事です。

              5ヶ月も雪の下で寒さに耐えた「雪下にんじん」。こんなめずらしい品物を知り、文房具屋の当店でも少しですがお客様に紹介し、予約をとってお分けしています。

              今日届いたので朝からお届けしていました。お客様のところでも「この人は八百屋さんではないんだよ」と、周りに人に説明してくれて・・・・。今日は一日、八百屋さんになった気分です。

              次に合えるのは、また来年です。
              | 地域間交流 | 23:13 | comments(0) | - | - | - |
              福島市で初めて見た雪うさぎ
              0
                吾妻小富士の雪うさぎ昨日から震災疎開パッケージの事で福島市へ行ってきました。福島市へは戸田自麦酒や震災疎開のことなどで3回目の宿泊訪問なのですが、今回初めてうわさの「雪うさぎ」を見ることができました。

                山の残雪も多いようなので「雪が多かったんだ」と聞くと「少なかったんだよ、だから例年より早く『雪うさぎ』が現れた」と言われました。今回見られたのは私にとってはラッキーでした。

                写真では分かりませんが、岩があるのかちょうど目があるように見えるんです。驚きました。それも可愛らしい目なんですよ。

                朝晩は冷え込みましたが、ぽかぽか陽気の福島市訪問でした。
                | 地域間交流 | 16:39 | comments(2) | - | - | - |
                山形産地視察の旅・東京都食肉組合城西ブロックに同行
                0

                  8月28・29日 山形牛の産地視察の旅


                  防災キャンプの翌日から、山形牛の産地視察の旅に事務局として出張でした。さすがに4日間連続は疲れますね。(^_^)
                  これは、東京都食肉組合城西ブロックが実施した山形牛を購入した人がアンケートに答えると抽選で20名を山形へご招待すると言うもので、私の所属する蠑ε抗好優奪肇錙璽が事務局となっていることから同行したものです。「いいなぁ」ですって、事務局ですからお客様のご案内ですよ。(^_^)


                  ◆スカイファームおざき--------------------------------
                  牛に乗った大黒様最初の視察は、尾花沢市の「スカイファームおざき」さんで肉牛の飼育状況を視察。


                  衛生的で牛舎に入るのに靴カバーをしたり、あちらから見ると私達は「雑菌」のようです。(^_^;)


                  広すぎると動きすぎ身体を傷つけたりするし、狭すぎるとストレスがたまる。そんな肥育スペースの説明を聞きながら可愛い目をした牛に出会い感動。でも、食肉なんですよね。自分が生きることは他の命をもらう事、食べる事です。「いただきます」の言葉をを再確認しました。


                  写真は入り口にある牛に乗った大黒様「皆さんに幸せが来るように」との思いから造ったと、尾崎社長。


                  ◆銀山温泉-----------------------------------------------
                  銀山温泉銀山温泉奥にある滝「千と千尋」の湯屋を思い出した建物です。川の両側に広がる銀山温泉。橋を渡ると玄関があるなんとも風情のある温泉です。


                  その奥には滝がありました。ここのところ忙しさに紛れストレスがたまっていたのか、無性に滝が見たくなっていた私には嬉しい景色でした。


                  滝つぼから上がる風に当たりながら「気持ちいいーー」。マイナスイオンを満喫しました。(^_^)


                  ◆花笠まつり -------------------------------------------
                  花笠踊りパレードおばなざわ花笠まつり最終日の「花笠踊り大パレード」を見学。
                  花笠踊り発祥の地らしく老若男女皆さん元気に踊っています。


                  \(^\)(/^)/\(^\)(/^)/ 花の山形ぁぁ〜、紅葉の天童♪♪



                  ◆東根温泉---------------------------------------------------
                  交流会での食事宿泊は東根温泉の青松館。


                  社長の青木篤さんは早稲田大学の卒業生で鋳物研究所にいらしたそうです。

                  結婚するまで住んでいた早稲田の店のすぐ近くなんです。写真のように美味しい食事とお客様とのふれあいを楽しませてもらいました。

                  ◆村山市雪室-------------------------------------------
                  翌29日は、雪室の視察です。雪国らしく雪を利用しての冷蔵庫ですね。雪室なら電気代もかかりません。温度5度、湿度75%と暫く冬を体感。


                  マイナスイオンの発生で脂肪の酸化を防ぎ、でんぷんを糖質に変えて甘みを増すそうです。お土産に「みちのく雪むろ米」をいただきました。参加されたお客様からの反応がよければ、山形牛セール参加店での販売も予定しています。もちろん戸田でもその時は販売予定です。

                  ◆自然薯-------------------------------------------
                  自然薯畑大石田町新作物開発研究会の会長海藤明氏の栽培する自然薯畑の見学です。サラリーマンをリタイアした人や新たに農業を始めた高齢者などが集まっていると言う。。。。海藤さんは電気屋さんだそうですよ。
                  この自然薯、昨日昼食の蕎麦屋さんでも食べさせてもらいましたが、粘りも強く、香り、味、舌触りなど初めてのものでした。とにかく美味しい。かの松尾芭蕉も食したとか。
                  娘のボーイフレンドへお土産にしたところ、自然薯が好きだそうですが「こんなの初めて」。
                  彼のお父さんも大好きだそうで、一緒に喜ばれました。(^O^)

                  ◆あったまりランド深堀---------------------------------------
                  手打ち蕎麦を茹ですぎないように昼食は蕎麦。それも十割蕎麦を自分達で打ったんです。グループ5人の気持ちを合わせていろいろな太さの麺です。でも味は格別です。o(^-^)o


                  自然薯をすりおろすここで海藤さんの育てた自然薯をおろしながらいただきました。すり鉢が出ていて自分で好きなだけお代わりです。3回ほどお代わりしちゃいました。いゃーー、美味しかった。


                   


                  ◆山形県食肉公社-------------------------------------------
                  最後の視察は、山形市にある山形県食肉公社です。入り口ではバスが丸ごと消毒されました。中に入る前に、頭にはキャップ、靴にはカバー、防塵服を着て視察です。「暑いなー」でも雑菌の事だからと我慢していたら、中は冷蔵庫、丁度いいくらいでした。


                  食肉公社って分かります? 私は初めてでしたが、屠場です。牛や豚を処理し枝肉にするところです。解体処理時間を過ぎていたので説明を聞きながら様子を想像だけでしたが、血抜きや皮をはぐなど、結構ショッキングな想像です。

                  一頭ずつ処理するごとに検査し問題があればすぐにラインからはずされ、市場に出回ることがない事やBSEの危険部位をどうやって除去するのかなど、安全な品質で、安心して食べてもらえるよう努力しているのかを丁寧に説明をしていただけました。

                  牛の枝肉を保管している冷蔵庫内に入ると枝肉の大きさにビックリ、ここでゆっくりと肉の説明を受けましたが、一段と温度が下がっているのですが、皆さん寒さを忘れたかのように皆さん熱心に質問をしていました。
                  自分の命を支えているのに、スカイファーム尾崎さんなどで肥育された牛が、どうやって枝肉になり食卓に上がるのか知られていない部分ですね。意識してみていないのでしょうね。勉強になりました。

                  視察終了後「いい加減な気持ちで食べたらいけないね」とお客様の声が聞えました。皆さん同じ気持ちになっていたようです。尾崎社長の「皆さんに幸せが来るように」と言う言葉とともに、安心して「いただきます」の言える食事を支えてくれている人々に感謝します。

                  「いただきます」は重い言葉ですね。

                  感謝。。。。
                  | 地域間交流 | 21:47 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |