SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

文房具のこが屋 文具やさんのきままな鉛筆

埼玉県戸田市の文房具屋、こが屋の店長のブログです。文具のことから、趣味やお店のことなど気ままに書きます。
生姜のはちみつ漬け
0
    香りも良い生姜のはちみつ漬け。美味しいよーー。生姜のはちみつ漬けを作ってみました。

    娘のブログに紹介されていたので、孫が来たときや今妊娠中の長女が来ても良いようにと思い作ってみました。

    と言っても、調理は家内ですが・・・・、私が手伝ったのは量るのと煮る所だけ。早い話見ているだけですが。(^_^)

    新生姜の時と根生姜のときで作り方が違うようですが、今日は季節的に根生姜です。風邪の季節でもあり、常備されておくと便利かも。

    ●作り方(根生姜)
    ・生姜    60g
    ・はちみつ 200g

    生姜の皮の硬いところを取り除き、スライス。
    はちみつと生姜を鍋に入れてひと煮立ち。
    粗熱が取れたら、密閉できる容器にうつして冷蔵庫で保存。

    簡単でしょ。

    ●使い方は
    ・お湯、水、炭酸水などで割って飲む
    ・炒め物などの調味料とし

    他にも色々と使えそうです。

    「冷めたかなぁ」と除いてみると、エキスが蜂蜜に出たようで生姜が縮まりました。すごい変化です。

    香りもすごく良いですよ。容器に移したあと、なべにお湯を少量いれ、周りにこびりついていたものを溶かして飲みましたが美味しいし、体も温まるようです。

    寒さが厳しくなってきていますが、元気に冬を乗り越えたいですね。
    | 季節 | 15:40 | comments(0) | - | - | - |
    美味しかった!ボジョレヌーボ2009の味と色の輝き
    0
      ボジョレ・ヌーボ2009、新酒の輝き。ちょっと遅ればせながら・・・・

      娘が贈ってくれたボジョレヌーボを昨日やっと・・・・あけました。

      夕食で開けようと言っていたのに忘れて、結局風呂上りに味わう事となりました。私にとっては好都合ですが・・・・すぐ寝るだけなので。娘へのお土産に買ったワイングラスを借りて、四葉のクローバのように幸せなひと時を楽しませてもらいました。

      シャトー・ド・ボアフランのラベルシャトー・ド・ボアフラン2009の赤です。娘はブドウの出来やワインの仕上がりなどドアット家の情報も得ているようで「良い仕上がりだって」と色々と教えてくれるのと同時に毎年プレゼントしてくれます。これが美味しいんです。

      アルコールはとても弱い私ですがこの新酒は美味しかったですよぉ。おかわりしちゃいました。(^_^)

      優しい口当たりであり、味が深いと思います。
      ソムリエールの娘なら色々と表現があるのでしょうが、私流に言えば、「美味い!」の一言です。(^_^)

      輸入元マヴィ株式会社の説明ラベル何時も、マヴィ株式会社のオーガニックワインから美味しいものを選んでくれるのです。

      この会社もこだわりを持って輸入されているようです。「マヴィのワインは美味しいよ」と一度知り合いに教えたら、飲めないのを知っているので信じないんです(^_^;)。同席していたのが「娘さんがソムリエなんだよね」と言ったとたん「あっ、メモしなきゃ」ですから。(^_^)

      ドアットさんのヌーボは来年も楽しみです。
      | 季節 | 17:22 | comments(0) | - | - | - |
      冬鳥のユリカモメがやってきました。
      0
        川岸橋の袂で1羽のユリカモメを見ました。1羽ゆったりと飛んでいて「お久しぶり、今年も来たよ!」と言ってくれているようでした。

        今日は1羽でしたが、近くにはかなり来ているのではないかと思います。群れで飛んでいる姿をもうじき見せてくれるのですね。

        季節は確実に冬に向かっています。あなたは季節の変化を何で感じられています?

        渡り鳥の渡来時期や渡去の時期を見ていると季節の変化をカレンダーより確実に感じ取れると思います。

        セミの鳴き始め、見かけない蝶を見始めた頃等など・・・・色々とありますね。自分では変化に気がつかなくても人間以外の生物は敏感です。

        「沈黙の春」の著者レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー(The Sense of Wonder)」のように、子どもの頃に培った「すごい」や「不思議」と言う感覚を忘れないようにしたいと思っています。

        ワンダーと言えば、NHKで「ワンダー×ワンダー」と言う番組もありますね。
        | 季節 | 13:01 | comments(0) | - | - | - |
        店頭の縁台が新しくなりました。
        0
          新しく購入した縁台です。店先に置いていた縁台が世代交代しました。

          今までのものは木ネジ等で補修していたものの大分緩みが出てきていて、安全性に問題が出てきたので娘夫婦の家近くにあるD2で購入してきました。

          1981年の秋に改築に伴い、古い店の陳列棚の板と型枠に使った材木を利用して作った縁台でした。28年もの長い間、我が家の子ども達を初めお客様に腰掛けていただきました。

          子どもと一緒に花火をしたり、一緒に座ったものの子どもが後へ倒れそうになり、あわてて支えたなんて事もありましたが・・・・良い思い出になっています。

          戸田橋の花火を見るときは屋上に運び座って見ています。ここ数年は、孫や子ども達が揃うので、屋上へ運び戸田橋花火大会の見物に使っていました。様々な思い出や、両親から孫まで4代に渡り腰掛けさせてもらった縁台も交代です。

          親戚の家に縁台があり、農作業中に土間で食事をするときに座るのですが座敷での食事と異なり実に楽しかった。夕方になると伯父さんが庭に運んでくれて花火をしたり、夕涼みをしたものでした。

          このときの思いを子ども達にも感じて欲しくて縁台を作ったのですが、折があったらまた、昔からある伝統的な縁台を作りたいと思っています。
          | 季節 | 11:21 | comments(0) | - | - | - |
          冬至の日に「一陽来復」
          0
            冬至の日に「一陽来復」を・・・・暖かい冬至の日でした。毎年、早稲田は馬場下にある放生寺様へ「一陽来福」をもらいに行くのが年中行事なのですが、今日は手袋無しでも大丈夫です。

            今年も元気でこの日を迎える事が出来ました。幸せな事です。

            ご存知の方も多いと思いますが、放生寺様では「一陽来復」ではなく「一陽来福」となっています。

            入口は提灯が飾られ明るい放生寺様写真は放生寺様の入口の提灯です。毎年明々と灯り出迎えてくれます。参道も狭く上り坂の為、露店の数は少ないのですが入口のお好み焼きをよく買っています。




            お隣の穴八幡様の境内も露店で賑やかです。こちらは、お隣の穴八幡様ですが、境内が広いので露店も60店ほどになるのでしょうか?賑やかです。ふと上を見上げると、ライトアップされた早稲田奉仕園の看板が夜空に浮かんでいました。写真はありません。m(__)m



            早稲田は私が育ったまちであり、放生寺様も穴八幡様も奉仕園もよく遊んだところです。
            | 季節 | 23:46 | comments(0) | - | - | - |