SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

文房具のこが屋 文具やさんのきままな鉛筆

埼玉県戸田市の文房具屋、こが屋の店長のブログです。文具のことから、趣味やお店のことなど気ままに書きます。
年賀状の季節、携帯にも便利な筆ぺんのご紹介です。
0
    携帯に便利な筆風サインペン「筆ごこち」です。年賀状の季節になり、こが屋文具でも年賀状の印刷を受付中ですが、この時期もうひとつ話題になるのが筆ぺん。

    元々季節商品だったのですが定番になった品のひとつです。

    今日紹介するのは、呉竹の筆ぺん「筆ごこち」(写真上)と「筆ごこち極細」(写真下)です。名前の下には、筆風サインペンと書かれています。一般には筆ぺんで通りますが。。。。

    この筆ペンは長さ14cm程度と写真から見て分かるように携帯に便利です。細字用と太字用の二種類ですがサインペン程度と極細サインペン程度の筆跡になります。

    1本210円です。いかがですか!

    筆ぺんを開発したのはセーラー万年筆ですが、ヒットさせたのは今日紹介している商品のメーカー呉竹精昇堂と言っていた、現在の株式会社呉竹です。

    最初は筆と同じ毛筆と思っていたのですが、見ると「樹脂製の先で、筆じゃない」と思いながらも書いてみると筆のようにとめ、ハネ、はらいが出来たのには驚きました。それまでのサインペンでは筆のように書くことは出来ませんでしたから。

    樹脂製の先は螺旋状に溝のような切れ目があり力の入れ加減で太くも細くも書けると言うものでした。インクの補給もこの溝を通るので切れやカスレもないものでした。筆ペンも当初は季節商品として、年賀状の季節のみの販売でしたが、今では通年を通して売れている定番商品となっています。

    ちなみに他社は「筆ペン」とカタカナもあるのですが、呉竹では「筆ぺん」とひらがなを使っています。和にこだわりがあるようですよ。
    | 筆記具 | 13:20 | comments(0) | - | - | - |
    書き間違えても消せる特殊インクのボールペン、ケッセルです。
    0
      パイロットから発売の書き間違えても消せるボールペン、ケッセルです。テレビCMをご覧になった方もいると思いますが、パイロットの「消せるボールペン ケッセル」です。ペンの後についているラバーでこすれば書き間違いも消して書き直す事が出来ます。

      0.5mmの8色が入荷しました。1本210円です。

      普通のボールペンは油性にしても水性にしても共に消しゴムで消す事が出来ません。修正テープや修正液で白く塗ってから上書きすると言うものでしたが、このケッセルは消しゴムなどで消す事が出来ます。と言っても鉛筆のように消えるのではなく、摩擦熱でインクが透明になり消えると言うものです。ペンについているラバーでこすれば消しくずも出ませんよ。

      消す時はインクが乾いてから消すほうが綺麗に消せますよ。

      消えるインクなので領収証や提出書類など消えては困るものなどには使用しないでください。
      | 筆記具 | 20:05 | comments(0) | - | - | - |