SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

文房具のこが屋 文具やさんのきままな鉛筆

埼玉県戸田市の文房具屋、こが屋の店長のブログです。文具のことから、趣味やお店のことなど気ままに書きます。
きのせい!?
0
    きのせいかな?ベンチに見えるもの。店を開けていて、ふとベンチに目をやると・・・・

    見えませんか!?

    顔が!!

    どこにあるのか分かります?

    下の写真はそのアップです。可愛くないですか?

    顔が見えます。木の精かな?気のせい?ベンチになっても、座る人を見守るかのようです。大切に使ってくれと顔を出したのかとも思いましたが、初めからあったはずですよねぇ。まったく気がつかなかったんです。

    今年は国際生物多様性年。今年になってから気がついたのも何かの縁でしょうか。

    気がついたときビックリ。切られた木は、その育ってきた年数だけ切られてからも生きるというのを聞いた事がありますけど。。。。

    「気のせい」では無く「木の精」と思っています。

    昨年090929にブログに写真を載せていたので調べてみたら、顔は・・・・あるんです。

    そのときはまったく気がついていないんですよ。
    | 身のまわりの環境 | 15:56 | comments(0) | - | - | - |
    新型インフルエンザが猛威を振るう中、39.5度の高熱を患い感じたこと
    0
      新型インフルエンザで残念ながら犠牲者が出てしまいましたね。免疫力が落ちている時にインフルエンザにかかり重症化したことが原因との事ですが、ご冥福をお祈りいたします。

      戸田でも患者が出ている様子ですが、自分がインフルエンザに掛かったのかと思うことがありました。7月25日頃からひどい咳が出始まってから約3週間が過ぎたのですが、先週から飲んだ抗生物質などの薬が効き今では治まっています。

      それは、8日の夜に39.5℃まで熱が上がってしまい、いつもなら大人しく寝ているのですが、咳が長期間にわたっていたこと、年齢的にも(^_^;)大事にした方がと、日曜日だったので電話した上で救急外来を訪れました。

      新型インフルエンザを危惧していましたが陰性と分かり一安心、でもこの時に感じたのは「どうしようか?」と言うことでした。

      熱が出る前に情報を仕入れていたのは

      戸田市内における新型インフルエンザ患者の発生と対応について
      http://www.city.toda.saitama.jp/441/440323.html

      医療保険センター本多所長インタビュー
      広報戸田市記事より
      http://www.city.toda.saitama.jp/DAT/LIB/WEB/1/koho_kiji.pdf

      等でした。

      さいとう直子市議さんの2009年08月09日にアップされた内容も参考になると思いますよ。
      トコとこバス停リポートNo.34 美笹4「医療保健センター」
      http://blog.toda-report.jp/


      備える事の大切さを身を持って感じたときでした。

      備えると言えばもうひとつ、地震がありましたよね。
      8月9日19:56東海道沖でM6.9、埼玉では震度3の揺れでした。
      8月11日05:07には駿河湾を震源とするM6.5、埼玉では同じく震度3の揺れを感じました。

      11日のときは熱も下がり動ける状態でしたが、9日の時はまだ38℃台の熱があり「この状態で大地震が起きたら、自分は要援護者だなぁ」等とぼんやりと実感していました。トイレに行くにも家具等に手を添えなくては辛かったのです。実際94歳の父が動くより遅かったんですから。

      耐震補強、家具の転倒防止を急がなくてはと感じていた次第です。我が家では家具の転倒防止などはしているものの大分時間が経ったので再確認が必要と思いました。
      | 身のまわりの環境 | 17:47 | comments(0) | - | - | - |
      成田着機内で新型インフルエンザ簡易検査に陽性反応の速報
      0
        季節の折り紙と言うことで兜の写真をホームページにも載せようと撮影していたら、テレビで「ロス発の成田空港到着便の乗客から簡易検査で陽性の人がでた」と速報が流れていました。

        手洗いやマスクなどで注意しないといけませんね。また疑いのある人は病院へ行く前に必ず保健所などで相談して、指示に従ってくださいね。

        戸田市での相談窓口などの事が、戸田市議会議員のさいとう直子さんのブログにありましたので参考にしてください。

        日本でもいよいよですかね。正しい情報を聞いて、冷静に対処しないといけませんね。

        【追伸】
        この女性について、舛添要一厚生労働相は5月1日未明に記者会見し、新型インフルエンザに感染している疑いはないと発表しました。
        | 身のまわりの環境 | 21:41 | comments(0) | - | - | - |
        大風の経験
        0
          夕日と富士山5日、6日と2日間、急用で親戚まで行った帰り、海ほたるから見た夕日と富士山です。

          5日に行った時も16m/sと南よりの強い風の中、40km/hとアクアラインも速度制限がありました。戸田を出る前から風が強いのは分かっていたのですが、海面では白波が立ち、飛沫もあがり、車がガタガタと揺れるという、まったく初めての経験でした。

          帰りは10m/sと北よりの風で60km/hの速度制限つき。往復とも速度規制があったのは初めてのことでした。

          おかげで、富士山も筑波山も良く見えました。

          海ほたるで休憩した時に撮ったのですが携帯のことや夕日も強く、富士山はちょっと分かりにくいと思います。

          大井付近ではビルが夕日に染まって素敵な景色を見せてくれていました。
          | 身のまわりの環境 | 14:21 | comments(0) | - | - | - |
          雨にぬれ、滴の輝くカタバミの葉
          0
            雨の滴が輝いているカタバミの葉朝から冷たい雨が降り続いています。雨に濡れている我が家のカタバミです。娘が「種子を取ったので戸田でも育てて」と言われ撒いたものですが元気に育っています。小さな黄色い花を咲かせてくれるんですよ。いま、可愛い蕾が見られます。

            少しぐらい放って置いても大丈夫な野草なので育てるのは楽ですが、緑が綺麗なものだと思っています。子どもの頃、道端のカタバミを手でなでるとパチパチと種子が跳ねて手に当たるのを楽しんでいたものですが・・・・

            娘も「家の中で種子がはじける音がするよ」と言っていました。私はまだ聞いたことがありません。
            | 身のまわりの環境 | 18:53 | comments(0) | - | - | - |
            秋の色と味
            0
              柿の木の見も葉も、秋色が深くなってきています。亡き祖父の33回忌、祖母の27回忌の法要を営んできました。お寺のある古河まで往復とも息子が車の運転をしてくれたので、いつもならゆっくり見ることの出来ない景色を楽しむことが出来ました。

              運転していたら前を見ていてまったく気がつかずに通り過ぎてしまうのでしょうが、数羽のサギが道路脇の稲刈りの済んだ田んぼにいるのを見つけました。何をしているんだろう?種類までは分かりませんでしたが黄色い嘴がはっきり見えました。

              柿の木にも色づき始めた実がなっているのが目に付きました。今年は豊作なんでしょうか?従兄弟の家の柿もそうでしたが、目に付いたどの木も沢山生っている様子です。

              法要のあと鮨屋さんでは牡蠣が出て、こちらも季節になりますね。(^_^)
              | 身のまわりの環境 | 22:05 | comments(0) | - | - | - |
              冬眠する前に季節の挨拶が出来ました。
              0
                従兄弟の家の庭に植えられているデコポンが青々とした実を付けています。従兄弟が「デコポンが生っているから見てみろ」と言われたのがこれ、小さな木なのに幾つも生っていました。昨年までは見たことが無かったのですが。綺麗な緑ですが、これから色付いていくのでしょうね。




                マテバシイの葉にちょこんと留まっているアマガエルが1匹。同じ緑でもこちらはアマガエル。すぐそばのマテバシイの葉にちょこんとくっついていました。保護色でしょうか、普段見かけている黄緑色より濃くて、葉に近い色になっています。写真を撮ろうとしたら逃げないで、こちらを見るようにゆっくり顔を動かすんです。。。。

                その眼差しが「ほっといて。冬眠前なんだから、ゆっくりさせてよ!」とでも言いたげに感じました。「また来年だね」と暫く会えないのでご挨拶です。多くの生き物が冬眠や冬の準備に入りますね。

                10月は季節の変わり目、着る物も夏服から冬服へと変わっていきます。私の好きな鳥も冬の渡り鳥がこれから姿を見せてくれることでしょう。ここ2年ほどバードウォッチングをしていません。彩湖や秋ヶ瀬、谷津干潟などなど・・・・今年は見に行かなくては!こちらは再会の挨拶ですね。

                こが屋文具も冬の第1弾で年賀状印刷の準備に入っています。準備のさなか、また一つ歳を重ねました。(^_^)
                | 身のまわりの環境 | 20:30 | comments(2) | - | - | - |
                子どもの頃に遊んでいた場所
                0
                  千葉県の有形文化財に指定されている、上総大寺廃寺跡露盤です。木更津で夏休みの1ヶ月を過ごしていた時、従兄弟と良く遊んだ場所のひとつには歴史的なものがありました。大きなお寺があることから「大寺」と言う地名になったと言うのは聞いていたのですが、写真を撮ったのは初めてです。

                  良くこの石の上で遊んだりしてたんですよ。近くには湧き水もあり入って脚を冷やしていたものです。湧き水の流れて行く用水路にはシジミも湧いていて、味噌汁の具として取りに来たりしていたものです。

                  1300年前に建っていた三重塔の相輪の重石だそうです。大きなお寺があったのは話に聞いていたのですが、1,300年も前の三重塔の屋根に置かれ重石になっていたものだったとは知りませんでした。

                  周りは地域の人の手で植えられたヒガンバナで一杯です。周囲にはヒガンバナが地元の方の手で植えられていて赤い色で覆われています。行く度に増えています。

                  昨日、親戚へ行った折に訪れた場所で、写真を撮って来たのでアップしました。
                  | 身のまわりの環境 | 22:18 | comments(0) | - | - | - |
                  光り輝くタマムシの翅
                  0
                    タマムシの翅今日からこが屋は夏休み、両親を乗せて茨城県古河市へお墓参りに向かいました。そうなんです、当店の名称「有限会社古河屋」は父の出身地から取っているんです。東北自動車道はニュースになるような渋滞は無かったものの自然渋滞などが所々に発生していて混雑していました。

                    日差しは物凄かったですね、掃除している間に汗びっしょりになってしまいました。でも、掃除中に見つけたのがこの写真!綺麗ですね!携帯での写真なのでちょっとボケ気味ですが・・・・

                    分かりますか?そう、タマムシの羽ですね。正確には鞘翅(しょうし、さやばね)と言うようですが、硬い羽のことです。

                    タマムシと言うと子どもの頃、夏休みになると行っていた木更津の従兄弟の庭に良く飛んできているのを見たり、伯父さんが木に梯子をかけて捕まえてくれたのを思い出します。それと、私の祖母が良く「タマムシは虫の王様だから箪笥に入れておくと虫が付かないよ」と言っていたので、子ども時代にやったことがあるのですが、定かではありません。もう一つ有名なものでは最近復刻された法隆寺の玉虫厨子がありますね。

                    最近見ることは無かったのですが、思わぬところで一部ですが見ることが出来ました。どっちつかずの状態など玉虫色と言われているのですが、本当のタマムシは死んでからも退色しないのも素晴らしいですね。是非また逢いたいものです。
                    | 身のまわりの環境 | 21:34 | comments(0) | - | - | - |
                    長持ちしてくれた長靴。
                    0
                      新しく長靴を購入しました。今日新しい長靴を購入しました。

                      今まではいていたのが、先日新曽調節池で手入れなどの手伝いをしていたとき、長靴の中も暑くなったので両足を水の中に入ったら、右足だけが何故か冷たくなって、あれっ?と思ったら、3cm程切れていたんです。

                      大分長いことはいていたので無理もないのですが、良くぞここまでもってくれたと思います。だって買ったのは10年位前なんです。(^_^)

                      はいた日数も少なかったのかもしれませんが、良くぞ劣化もせずにと思います。

                      切れちゃったので水に入らないようにしていたのですが、全員履き替えてしまった後に、片足だけ水に入れなくてはいけないので反対の左足だけ入れたら、また急に冷たくなって・・・・

                      左も切れちゃいました。時間差で切れるなんて、良かったと思いつつ新品を購入することになったわけです。

                      花の交差点の手入れなどで履く予定です。今度は何時までもつのでしょうか。
                      | 身のまわりの環境 | 18:50 | comments(0) | - | - | - |