SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

文房具のこが屋 文具やさんのきままな鉛筆

埼玉県戸田市の文房具屋、こが屋の店長のブログです。文具のことから、趣味やお店のことなど気ままに書きます。
折り紙サンタクロースの折り方
0
    折り紙で折ったサンタクロースの出来上がり。来週はクリスマスですね。クリスマスといえばサンタクロースです。

    ブログを始めたころに紹介した、折り紙で折ったサンタクロースです。そのときは折り方の紹介はしませんでしたが、今日は折り方の紹介をしたいと思います。

    お客様にプレゼントしているのですが人気があるのと折り方教えてなどと言われるので、ネットでもご紹介です。

    2枚使って顔と体を別々の折り紙で折るサンタや可愛い腕があるサンタなどいろいろありますが、このサンタクロースは比較的簡単な折り方と思いますので、お試しください。

    特に気をつける部分もないので小さなお子さんと話をしたりしながら楽しんでくださいね。

    サンタクロースの折りかた その2

    まず、裏返して1/4折ります。このとき軽く折り目を入れて先端を合わせる位置などの見当をつけておくと折り易いですよ。



    サンタクロースの折りかた その3

    折った部分を反対に折り返します。この部分が帽子の縁になります。




    サンタクロースの折りかた その4
    今度はひげの部分になるのですが、まず上の白い部分に合わせて下を折ります。

    次に、写真のようになるよう少し折ってください。



    サンタクロースの折りかた その5

    帽子の縁を作ります。





    サンタクロースの折りかた その6

    裏返して、足になる部分を折ります。





    サンタクロースの折りかた その7
    1/2、1/2と2回折って、1/4になるようにします。

    反対側も同様に折ってください。




    サンタクロースの折りかた その8
    両方の足の部分が折れた状態です。






    サンタクロースの折りかた その9
    写真のように三角形の底辺の1/2に合わせて折ります。





    サンタクロースの折りかた その10
    反対側も同様に折ってください。






    折り紙で折ったサンタクロースの出来上がり。
    ひっくり返せば出来上がりです。

    目を書いたりするのも良いのではないでしょうか。

    表情を自由に想像できるように私は目を書いていません。
    | 折り紙 | 19:06 | comments(4) | - | - | - |
    折り紙教室の作品
    0
      折り紙で作った来年の干支の寅です。来年、2010年の干支は寅ですね。

      家内が11月の折り紙教室で習ってきたのが写真のような寅の折り紙です。

      扇面が枠の外まで広がりトラの勢いを表しているようです。

      尻尾の太さ加減や、顔の折り方で表情も変化するようで「猫っぽいなぁ」とか「寅らしくなった」とか言いながら、折り紙を楽しんでいたようです。

      折り紙で紅葉の季節をイメージした作品です。月に一度通っている折り紙教室で習ってくるのですが、色々な都合があって仕上がりがまちまちになります。左の紅葉は干支の寅より先に習ってきていましたが同時に仕上がったようです。
      | 折り紙 | 10:54 | comments(0) | - | - | - |
      折り紙を畳んで切ったら、モミジが出来ました。
      0
        折り紙を切ってモミジを作りました。切り方でカエデにもなります。7.5cmの折り紙を折りたたんでハサミで切ると、写真のような紅葉が出来上がりです。葉柄の部分と葉の部分を2回切って、拡げると出来るんですよ。

        折り畳み方を見せてもらい「この部分を切ると出来るんですって」と教わったのですが聞くとやるとでは大違い。折りたたみ方と切り方でバランスが悪かったりしちゃうんです。でも3回目くらいからバランスも取れてきて、写真のようになりました。

        昔を思い出し、障子紙ではなく折り紙で切り抜いてみた雪の結晶。紅葉を切りながら、子どもの頃に母親に教わった障子の破れに貼るのを思い出しました。そこで、障子紙ではないけれど・・・・折り紙で切ってみました。

        昔貼っていたのと同じ丸いのと雪の結晶は出来ないかと切り方を考えたのですが、何とか見えるようです。。。。(^_^)

        障子紙でモミジを作り、貼っても良いですね。
        | 折り紙 | 18:30 | comments(1) | - | - | - |
        千羽鶴に込めている願い。
        0
          心を込め千羽鶴で作られた「和」の願い。大分寒くなって一歩ずつ冬に近づいているようです。

          11月3日に私自身が所属する市民活動で花の交差点の植替えを行ったのですが、その日はそれまでとはうって変わり、動いていると寒さは感じませんでしたがとても寒くなった日でした。

          活動でのキーワードは「リサイクルの環」から「人の輪」「心の和」へと拡がることを願って活動を続けています。

          長野県の方から春の大会で使用した千羽鶴の写真が送られてきました。実は10月に送られてきていたのですが、掲載が遅くなってしまいました。

          部活と言う場に、縁があり集い、ご父兄や教職員の方々が「人の輪」を作られることは素敵なことですね。

          皆さん願うのは「心の和」なのでしょうね。
          | 折り紙 | 14:02 | comments(0) | - | - | - |
          和紙折り紙で折ったコスモスと赤とんぼ
          0
            コスモスと赤とんぼ先月末に家内が習ってきた折り紙は「コスモスと赤とんぼ」でした。

            コスモスと赤とんぼは和紙で出来ているので柔らかさが特徴です。どっちが上か聞きそびれましたがどちらでも良さそうです。(^_^;)
            | 折り紙 | 16:42 | comments(2) | - | - | - |
            二千羽の折り鶴で描かれた絆の文字
            0
              二千羽の折り鶴で作られた絆の文字お客様から千羽鶴の写真が送られてきました。

              球児憧れの球場で今年使われた時の写真との事です。

              房状に作る千羽鶴ではなく、写真のように平面的に飾り「絆」の文字を描き出されています。回りも単色ではなくブルー系を2色ほど使われているようで、とてもきれいに作られています。二千羽の折り鶴で作られているそうです。

              絆と言う文字も良いですね。

              勝って欲しいし、勝てば嬉しいのはどんなスポーツでも同じと思いますが、子ども達に勝ち負けだけではなく、人として仲間として、チームと言う場を通して人の輪から心の和に育てて欲しいという親心の表れではないかと思っています。

              大人になっても付き合える仲間意識を育てて欲しいですね。
              | 折り紙 | 15:30 | comments(0) | - | - | - |
              折り紙で折ったタコをいただきました。
              0
                折り紙でタコも折れるんですね。いつものYさんから、タコの折り紙をいただきました。

                目も丸いシールで貼られていたり、鉢巻をしていたりと面白いです。

                「足を切ると8本になるから、よりタコらしくなるよ」と言われ別の紙で折って足を8本にしてみました。


                やはりタコは8本足の方が似合っています。なるほどよりタコらしくなりました。(^_^)
                直接折り紙に目を書いたら、白目の部分が無いので画像ソフトで描き直して見ました。

                鶴の折り方から出来るよと言われただけだったのでチャレンジしましたが「何か違う、出来ないねぇ」と家内と二人で苦戦。「最初が違うのよ」と家内が気がつき、教わりながらやっと出来たのがこの茶色のタコです。

                このタコは私が折ったものです。あえて言うほどの事ではないですがね。(^_^;)

                毎回、色々な折り紙をいただくのが楽しみになっています。
                | 折り紙 | 12:57 | comments(0) | - | - | - |
                折り紙教室での作品その2、狸のお月見です。
                0
                  家内が折り紙教室で教わった作品例その2、狸のお月見です。家内が折り紙教室で教わった作品例その2「狸のお月見」です。

                  可愛い狸が団子とお酒を持って楽しそうにお月見しています。赤ら顔になっているのか分かりませんが「一杯やればぁ」「酒より団子の方が良い」なんて、いける狸と下戸の狸、二人の会話が聞こえて来そうです。

                  台紙には夜空に浮かぶうす雲の掛かった月と地面が画がかれています。狸はもちろん、左右のススキや月に掛かっている木の葉なども折り紙で作られているんですよ。

                  ひとつのテーマで作品として折り紙を折ったり切ったりしながら仕上げるのも楽しいと思います。テーマを考えるだけでも楽しいですよね。

                  季節をちょっと先取りの折り紙でした。
                  | 折り紙 | 10:49 | comments(0) | - | - | - |
                  折り紙教室で初めて習って来た花火です。
                  0
                    家内が折り紙教室で教わってきた季節の風物詩「花火」です。季節の風物詩「花火」です。

                    海での花火でしょうか?地元の戸田橋花火大会でしょうか?(^_^)
                    屋形船も浮かんでいるのですが、屋形船からの花火見物なんて良いですね。私はまだ経験がありませんが・・・・

                    家内が折り紙教室に通い始めたのですが、初めて教わったものです。いつも教えてくれていた人からお誘いがかかり行く事になりました。

                    黒い色紙かと思ったら、ミューズコットンを貼り付けて背景を夜にしてあります。先生が準備してきてくれて作品に仕上げていくと言うのですが準備も大変ですね。折ることや作品にしていく時間を沢山取りたいためと思いますが心遣いも嬉しいです。

                    細いものを貼り付けるときに糊がはみ出し少々汚してしまったところもありますが「終わる頃には慣れてはみ出さなくなった」と言っていました。それも楽しみの一つかもしれませんね。(^_^)

                    川面の波や花火の周りの小さな輝きはホログラムの物を利用してあるので角度によって様々な色になどに輝いていました。

                    折って作品にするだけではなく、色紙などに貼り付け作品にするアイデアも楽しいですね。
                    | 折り紙 | 18:03 | comments(0) | - | - | - |
                    連獅子の折り紙を色紙に貼ってきてくれました。
                    0
                      色紙に貼られた連獅子の折り紙いつも新しいものを教えてくださるご近所の「Y」さんがミニ色紙に貼り付けた「連獅子」を持ってきてくれました。

                      折り紙でも色紙に貼り付けるための折り方で作られています。素敵ですね。

                      能楽の「石橋(しゃっきょう)」から歌舞伎などで演目が増えたそうです。文殊菩薩の浄土へ渡る石橋の前で「この橋を渡るのは大変難しい。少しぐらい修行したからといって有頂天になるな」と言う深い意味での法師(ワキ)と樵(シテ)とのやり取りがあるそうですが、よく言いますよね「ライオンはウサギを狩るにも全力を出す」と。

                      谷底へ落とす獅子の謂れから、親子での連獅子をテレビで見たことがあります。白が親で赤い方が子と言う設定だそうですね。エネルギッシュな赤、赤子と言いますからね。

                      後半に牡丹と戯れる獅子の「毛振り」と言う髪の毛を振り回すところが大人気ですね。

                      私も好きなんですが・・・・良く目が回らないものと、要らぬ事を考えてしまいます。

                      「折り紙」から「能楽」へ繋がり、日本の文化をまた1つ知る事が出来ました。感謝です。
                      | 折り紙 | 11:59 | comments(0) | - | - | - |