SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

文房具のこが屋 文具やさんのきままな鉛筆

埼玉県戸田市の文房具屋、こが屋の店長のブログです。文具のことから、趣味やお店のことなど気ままに書きます。
<< 和紙折り紙で折ったコスモスと赤とんぼ | main | 年賀状の印刷受付が始まりました。 >>
店頭の縁台が新しくなりました。
0
    新しく購入した縁台です。店先に置いていた縁台が世代交代しました。

    今までのものは木ネジ等で補修していたものの大分緩みが出てきていて、安全性に問題が出てきたので娘夫婦の家近くにあるD2で購入してきました。

    1981年の秋に改築に伴い、古い店の陳列棚の板と型枠に使った材木を利用して作った縁台でした。28年もの長い間、我が家の子ども達を初めお客様に腰掛けていただきました。

    子どもと一緒に花火をしたり、一緒に座ったものの子どもが後へ倒れそうになり、あわてて支えたなんて事もありましたが・・・・良い思い出になっています。

    戸田橋の花火を見るときは屋上に運び座って見ています。ここ数年は、孫や子ども達が揃うので、屋上へ運び戸田橋花火大会の見物に使っていました。様々な思い出や、両親から孫まで4代に渡り腰掛けさせてもらった縁台も交代です。

    親戚の家に縁台があり、農作業中に土間で食事をするときに座るのですが座敷での食事と異なり実に楽しかった。夕方になると伯父さんが庭に運んでくれて花火をしたり、夕涼みをしたものでした。

    このときの思いを子ども達にも感じて欲しくて縁台を作ったのですが、折があったらまた、昔からある伝統的な縁台を作りたいと思っています。
    | 季節 | 11:21 | comments(0) | - | - | - |