SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

文房具のこが屋 文具やさんのきままな鉛筆

埼玉県戸田市の文房具屋、こが屋の店長のブログです。文具のことから、趣味やお店のことなど気ままに書きます。
<< 戸田市後谷公園のオシドリも成人式? | main | 名刺の作成はどうしています? >>
夢を持ち楽しみながら歩んで行く。
0
    夢のある人には希望がある
    希望のある人には計画がある
    計画のある人には行動がある
    行動のある人には実績がある
    実績のある人には反省がある
    反省のある人には進歩がある
    進歩のある人には夢がある

    2002年上半期のNHK連続テレビ小説「さくら」に出演していた小沢征悦氏が同年頃にスタジオパークで話していたを聞いたものです。

    私は商店街活動などを通して2000年に「活性化は自分自身の活性化」と考えました。今の結果とは違う結果を望むのなら、今までとは違うやり方、今までとは異なる組み合わせや発想が必要だと思います。

    つまり今までとは違った考えで取り組める「頭の活性化」が大切だと思うのです。

    この考えでPDCAサークルを回す。計画し行動、反省し次の計画に反映させるのなら、今までとは違った実績や反省になると思うのです。

    この考えに至ったのは、「失敗」と書いて「経験」と読む。
    早稲田を発信地とするエコステーション活動で出会った言葉です。この言葉で発想の転換が始まり、プラス思考がさらに強くなっていたときでもありました。

    こんな時に出会ったのが冒頭の言葉です。

    品質管理などで使う「PDCAサークルと重なるなぁ」とすぐに覚えた言葉ですが、納得のいく内容です。自分自身の活動を別の見方で言われた気がしたことも、すぐに覚えられた原因と思います。

    夢を見るのではなく夢を持ち「夢」に向かって行動して行くことが大切ですね。

    夢を持っていても動かなくては叶うことはありませんし、周りの景色も変わらないので人の出会いや自分自身の心の変化を楽しむことも出来ませんからね。夢や目標に向かって歩むのは、とても楽しいことです。今年も景色の変化や人の出会いを楽しむつもりです。

    小澤征悦さんのお父様は指揮者の小澤征爾さん。食堂がんの治療のために療養されるそうですが、力強い人ですから言葉の通り半年かからずに復帰され、元気にタクトを振られることを願っています。
    | 元気の元 | 22:58 | comments(0) | - | - | - |