SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

文房具のこが屋 文具やさんのきままな鉛筆

埼玉県戸田市の文房具屋、こが屋の店長のブログです。文具のことから、趣味やお店のことなど気ままに書きます。
<< とだ防災キャンプ2006 〜伝える〜 | main | 全国リサイクル商店街サミット >>
山形産地視察の旅・東京都食肉組合城西ブロックに同行
0

    8月28・29日 山形牛の産地視察の旅


    防災キャンプの翌日から、山形牛の産地視察の旅に事務局として出張でした。さすがに4日間連続は疲れますね。(^_^)
    これは、東京都食肉組合城西ブロックが実施した山形牛を購入した人がアンケートに答えると抽選で20名を山形へご招待すると言うもので、私の所属する蠑ε抗好優奪肇錙璽が事務局となっていることから同行したものです。「いいなぁ」ですって、事務局ですからお客様のご案内ですよ。(^_^)


    ◆スカイファームおざき--------------------------------
    牛に乗った大黒様最初の視察は、尾花沢市の「スカイファームおざき」さんで肉牛の飼育状況を視察。


    衛生的で牛舎に入るのに靴カバーをしたり、あちらから見ると私達は「雑菌」のようです。(^_^;)


    広すぎると動きすぎ身体を傷つけたりするし、狭すぎるとストレスがたまる。そんな肥育スペースの説明を聞きながら可愛い目をした牛に出会い感動。でも、食肉なんですよね。自分が生きることは他の命をもらう事、食べる事です。「いただきます」の言葉をを再確認しました。


    写真は入り口にある牛に乗った大黒様「皆さんに幸せが来るように」との思いから造ったと、尾崎社長。


    ◆銀山温泉-----------------------------------------------
    銀山温泉銀山温泉奥にある滝「千と千尋」の湯屋を思い出した建物です。川の両側に広がる銀山温泉。橋を渡ると玄関があるなんとも風情のある温泉です。


    その奥には滝がありました。ここのところ忙しさに紛れストレスがたまっていたのか、無性に滝が見たくなっていた私には嬉しい景色でした。


    滝つぼから上がる風に当たりながら「気持ちいいーー」。マイナスイオンを満喫しました。(^_^)


    ◆花笠まつり -------------------------------------------
    花笠踊りパレードおばなざわ花笠まつり最終日の「花笠踊り大パレード」を見学。
    花笠踊り発祥の地らしく老若男女皆さん元気に踊っています。


    \(^\)(/^)/\(^\)(/^)/ 花の山形ぁぁ〜、紅葉の天童♪♪



    ◆東根温泉---------------------------------------------------
    交流会での食事宿泊は東根温泉の青松館。


    社長の青木篤さんは早稲田大学の卒業生で鋳物研究所にいらしたそうです。

    結婚するまで住んでいた早稲田の店のすぐ近くなんです。写真のように美味しい食事とお客様とのふれあいを楽しませてもらいました。

    ◆村山市雪室-------------------------------------------
    翌29日は、雪室の視察です。雪国らしく雪を利用しての冷蔵庫ですね。雪室なら電気代もかかりません。温度5度、湿度75%と暫く冬を体感。


    マイナスイオンの発生で脂肪の酸化を防ぎ、でんぷんを糖質に変えて甘みを増すそうです。お土産に「みちのく雪むろ米」をいただきました。参加されたお客様からの反応がよければ、山形牛セール参加店での販売も予定しています。もちろん戸田でもその時は販売予定です。

    ◆自然薯-------------------------------------------
    自然薯畑大石田町新作物開発研究会の会長海藤明氏の栽培する自然薯畑の見学です。サラリーマンをリタイアした人や新たに農業を始めた高齢者などが集まっていると言う。。。。海藤さんは電気屋さんだそうですよ。
    この自然薯、昨日昼食の蕎麦屋さんでも食べさせてもらいましたが、粘りも強く、香り、味、舌触りなど初めてのものでした。とにかく美味しい。かの松尾芭蕉も食したとか。
    娘のボーイフレンドへお土産にしたところ、自然薯が好きだそうですが「こんなの初めて」。
    彼のお父さんも大好きだそうで、一緒に喜ばれました。(^O^)

    ◆あったまりランド深堀---------------------------------------
    手打ち蕎麦を茹ですぎないように昼食は蕎麦。それも十割蕎麦を自分達で打ったんです。グループ5人の気持ちを合わせていろいろな太さの麺です。でも味は格別です。o(^-^)o


    自然薯をすりおろすここで海藤さんの育てた自然薯をおろしながらいただきました。すり鉢が出ていて自分で好きなだけお代わりです。3回ほどお代わりしちゃいました。いゃーー、美味しかった。


     


    ◆山形県食肉公社-------------------------------------------
    最後の視察は、山形市にある山形県食肉公社です。入り口ではバスが丸ごと消毒されました。中に入る前に、頭にはキャップ、靴にはカバー、防塵服を着て視察です。「暑いなー」でも雑菌の事だからと我慢していたら、中は冷蔵庫、丁度いいくらいでした。


    食肉公社って分かります? 私は初めてでしたが、屠場です。牛や豚を処理し枝肉にするところです。解体処理時間を過ぎていたので説明を聞きながら様子を想像だけでしたが、血抜きや皮をはぐなど、結構ショッキングな想像です。

    一頭ずつ処理するごとに検査し問題があればすぐにラインからはずされ、市場に出回ることがない事やBSEの危険部位をどうやって除去するのかなど、安全な品質で、安心して食べてもらえるよう努力しているのかを丁寧に説明をしていただけました。

    牛の枝肉を保管している冷蔵庫内に入ると枝肉の大きさにビックリ、ここでゆっくりと肉の説明を受けましたが、一段と温度が下がっているのですが、皆さん寒さを忘れたかのように皆さん熱心に質問をしていました。
    自分の命を支えているのに、スカイファーム尾崎さんなどで肥育された牛が、どうやって枝肉になり食卓に上がるのか知られていない部分ですね。意識してみていないのでしょうね。勉強になりました。

    視察終了後「いい加減な気持ちで食べたらいけないね」とお客様の声が聞えました。皆さん同じ気持ちになっていたようです。尾崎社長の「皆さんに幸せが来るように」と言う言葉とともに、安心して「いただきます」の言える食事を支えてくれている人々に感謝します。

    「いただきます」は重い言葉ですね。

    感謝。。。。
    | 地域間交流 | 21:47 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    いろいろ忙しかったみたいですねおつかれさまでした。
    でも楽しい旅行みたいな感じで良かったですね。
    「いただきます」気持ちを込めて言ってから食べるようにしますね
    -----
    | さくたい | 2006/09/03 10:43 PM |










    http://blog.kogayabungu.jp/trackback/71372