SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

文房具のこが屋 文具やさんのきままな鉛筆

埼玉県戸田市の文房具屋、こが屋の店長のブログです。文具のことから、趣味やお店のことなど気ままに書きます。
<< 定規の使い方 カッター編 | main | 思い出の定規 その2 >>
思い出の定規
0
    定規は、線を引くだけでなく寸法を測りますよね。言われなくても当たり前ですが、最近の定規は正確ですね。
    子ども時代に、プラスチック(塩ビ製だったのかも??)の定規で測ると、当てる定規の場所によって寸法が変わるんです。(・・)?
    よ〜く見ると、定規のメモリの幅が場所により違うんですね。目で分かる程度ですから・・・・ (@_@)
    その当時は、寸法を測るのなら「竹定規」でした。線を引く時は「プラスチック」の定規。何故って、竹定規で線を引くと微妙にカーブするのです。自然素材独特の狂いがありました。
    でも、今考えても、手になじんだし、天然素材の温もりがあったように思います。
    強く印象に残っている定規に「折尺」があります。そして学生時代の「三角スケール」と「自在定規」があります。
    折尺折尺は子どもの頃、よく遊びに使って怒られたものです。職人さんが使っているもので、伸ばすと1mの長さになり、折り畳むと20cmくらいになるんです。伸ばしたり、折りたたんだりするのが楽しくて、よく持ち出して遊んでいました。
    親も壊されてはと思ったのか店売りの中から1本くれました。何かすごいような気がして得意げだったものです。自分のとなると意外と大事に使っていたようですが、木製で厚みも2mm程度と薄いのと、違った使い方をするのですから当然のように(^_^;)折りました。折り畳むのとは違った折り方ですから(^^ゞ、もう1本欲しいというと、親から怒られ・・・・
    そんな思いが「折尺」にはありました。

    三角スケール横学生時代は製図用の三角スケール(上の写真)。端から見ると三角形(下の図)の形をしているのですが、始めてみた時は「こんな便利なものが」と驚きでした。尺度が1/1、1/2、1/2.5、1/3、1/5、1/6の6種類が1本についていました。1/2.5??・・・・私は機械科だったので1/2.5と言う尺度を使っていました。


    三角スケール端もう一種類あって、そちらは1/1、1/2、1/3、1/4、1/5、1/6の尺度になっています。

    三角スケールは現在も店で販売してますが、ポケットに入る20cmのものは便利ですね。また、素材も竹や炭素繊維、中空アルミを使ったものもあります。他の素材と組み合わせ、温度や湿度の変化による伸び縮みを防いでいます。
    もちろん製図用ですから何処で測っても寸法は同じ(^_^)精度も高いです。
    自在定規は明日に・・・・
    | 文具の思い出 | 20:15 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    定規もいろんな形の物があるんですね。

    折尺は昔あったような気がしますが、三角スケールは初めて見ます。面白い形してますね。

    あと私のブログにリンク入れさせてください。宜しくお願いします。

    | さくたい | 2006/07/28 10:59 AM |

    さくたいさん、文具の思い出なんてありますか?

    リンクは宜しくお願いします。
    -----
    | こが屋文具(店長) | 2006/07/28 11:06 PM |










    http://blog.kogayabungu.jp/trackback/72661