SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

文房具のこが屋 文具やさんのきままな鉛筆

埼玉県戸田市の文房具屋、こが屋の店長のブログです。文具のことから、趣味やお店のことなど気ままに書きます。
<< おもしろ探検隊に入隊しませんか? | main | 63回目の終戦記念日。 >>
光り輝くタマムシの翅
0
    タマムシの翅今日からこが屋は夏休み、両親を乗せて茨城県古河市へお墓参りに向かいました。そうなんです、当店の名称「有限会社古河屋」は父の出身地から取っているんです。東北自動車道はニュースになるような渋滞は無かったものの自然渋滞などが所々に発生していて混雑していました。

    日差しは物凄かったですね、掃除している間に汗びっしょりになってしまいました。でも、掃除中に見つけたのがこの写真!綺麗ですね!携帯での写真なのでちょっとボケ気味ですが・・・・

    分かりますか?そう、タマムシの羽ですね。正確には鞘翅(しょうし、さやばね)と言うようですが、硬い羽のことです。

    タマムシと言うと子どもの頃、夏休みになると行っていた木更津の従兄弟の庭に良く飛んできているのを見たり、伯父さんが木に梯子をかけて捕まえてくれたのを思い出します。それと、私の祖母が良く「タマムシは虫の王様だから箪笥に入れておくと虫が付かないよ」と言っていたので、子ども時代にやったことがあるのですが、定かではありません。もう一つ有名なものでは最近復刻された法隆寺の玉虫厨子がありますね。

    最近見ることは無かったのですが、思わぬところで一部ですが見ることが出来ました。どっちつかずの状態など玉虫色と言われているのですが、本当のタマムシは死んでからも退色しないのも素晴らしいですね。是非また逢いたいものです。
    | 身のまわりの環境 | 21:34 | comments(0) | - | - | - |