SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

文房具のこが屋 文具やさんのきままな鉛筆

埼玉県戸田市の文房具屋、こが屋の店長のブログです。文具のことから、趣味やお店のことなど気ままに書きます。
<< 孫と久しぶりの動物園 | main | ドット入り罫線のノートは使い易そう >>
一人ひとりの個性を活かす「人が輝くまち」
0
    いろんな人がいるもんだ、みんな違って、みんないい。11日の日曜日、孫と遊んだ帰りに、斉藤直子さんの事務所に立ち寄りました。なんと、3×5m位の大きな絵が飾ってありました。

    斉藤さんを知ったのは初当選した年、さつき通りでエコステーションをやっていた時の事です。この施設を市議会議員が訪れ、どんな内容なのか、何を目指す為なのかと聞きにきたのは後にも先にも一人きりでした。

    発想の転換から「自分自身の活性化」を計り、まちづくりを目指していることなどを話した事を覚えています。

    内容がそれちゃいました。(^_^;)
    この絵のタイトルは「いろんな人がいるもんだ。みんな違って、みんないい」と言うそうです。スマップの「世界に一つだけの花」の中にもナンバーワンでなく、オンリーワンと言うのがありますね。

    みなさん違って当然です。みなかけがえのない一つの命であり、違っていることがすばらしい事であり、一人ひとり異なる輝く種を持っているのですから。

    これを書いたのは、小学3年生、5年生、6年生だそうで、一人ひとりが別々に描いているのに全体として素敵な仕上がりになっています。よく見ると特徴や工夫を凝らしています。皆さん既に成人し社会に出ているそうです。

    斉藤さんが戸田市議会議員として「目指す、人が輝くまち」を表すような絵でもあり、この事務所にしっくり来ていると思ったものでした。

    手足が動く、ダンボールの人形もう一点はやはり子供たちが作成したもので手足が動くように出来ています。子供たちの発想は凄いですね。この発想を失わないようにして欲しいものです。

    我が家の孫も小さいながらも自分の意思を態度で示すので、しっかりと自我を持っているようです。
    爺馬鹿でしょうか?(^_^)
    | まちのふれあい | 14:44 | comments(0) | - | - | - |