SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

文房具のこが屋 文具やさんのきままな鉛筆

埼玉県戸田市の文房具屋、こが屋の店長のブログです。文具のことから、趣味やお店のことなど気ままに書きます。
こが屋文具は今日から営業開始です。
0
    折り紙で作った来年の干支の寅です。あけましておめでとうございます。

    こが屋文具は今日から営業開始です。

    昨年は厳しい中にも、ブログがヤフーに紹介されたりもして楽しい事も多かった一年でした。今年もご利用いただいた皆様に、便利で楽しい店として再びご利用いただけるよう努力してまいりたいと思っています。

    今年もよろしくお願いいたします。

    折り紙で折った干支の寅で今年の初めを飾りたいと思います。
    | 商品の紹介 | 13:28 | comments(0) | - | - | - |
    戸田市景観フォーラム2010のお知らせです。
    0
      戸田市景観フォーラム2010が2010年1月23日に開催されます。今年もあと2日間となりました。こが屋文具は大晦日31日まで営業をしています。来年は1月4日より営業となります。

      来年、2010年1月23日(土)10:00〜12:00、戸田市景観フォーラム2010が戸田市役所5階大会議室で開催されるお知らせです。

      『景観づくりことはじめ「いい戸田は身近にある!」』
      1.戸田市都市景観条例の改正について
      2.基調講演「まちづくりとして取り組む景観づくり」
        講演者 窪田亜矢さん 東京大学工学部都市工学科准教授
      3.「つたえたい戸田の風景」入賞者表彰
        講評 吉田愼悟さん 色彩計画家
      定員:120名 入場無料


      私は「活性化は自分自身の活性化」と言っています。自分自身の活性化は頭の活性化になります。考え方やものの見方、組み合わせ方をどうするのか、今まで通り、今までとは違った状態など、さまざまにイメージできるのかと言うことではないかと思っています。

      私も写真が趣味なので、どんな作品が選ばれているのか興味があるのですが、店は店主の思いやビジョン、考えや心意気が具現化されて商品やサービスに表れていると思っているのですが、どんなまちを後世に「つたえたい」のか、フォーラムの基調講演や選ばれた写真などを通して、心の部分を感じたいと思っています。
      | 地域の協働 | 13:50 | comments(0) | - | - | - |
      生姜のはちみつ漬け
      0
        香りも良い生姜のはちみつ漬け。美味しいよーー。生姜のはちみつ漬けを作ってみました。

        娘のブログに紹介されていたので、孫が来たときや今妊娠中の長女が来ても良いようにと思い作ってみました。

        と言っても、調理は家内ですが・・・・、私が手伝ったのは量るのと煮る所だけ。早い話見ているだけですが。(^_^)

        新生姜の時と根生姜のときで作り方が違うようですが、今日は季節的に根生姜です。風邪の季節でもあり、常備されておくと便利かも。

        ●作り方(根生姜)
        ・生姜    60g
        ・はちみつ 200g

        生姜の皮の硬いところを取り除き、スライス。
        はちみつと生姜を鍋に入れてひと煮立ち。
        粗熱が取れたら、密閉できる容器にうつして冷蔵庫で保存。

        簡単でしょ。

        ●使い方は
        ・お湯、水、炭酸水などで割って飲む
        ・炒め物などの調味料とし

        他にも色々と使えそうです。

        「冷めたかなぁ」と除いてみると、エキスが蜂蜜に出たようで生姜が縮まりました。すごい変化です。

        香りもすごく良いですよ。容器に移したあと、なべにお湯を少量いれ、周りにこびりついていたものを溶かして飲みましたが美味しいし、体も温まるようです。

        寒さが厳しくなってきていますが、元気に冬を乗り越えたいですね。
        | 季節 | 15:40 | comments(0) | - | - | - |
        折り紙サンタクロースの折り方
        0
          折り紙で折ったサンタクロースの出来上がり。来週はクリスマスですね。クリスマスといえばサンタクロースです。

          ブログを始めたころに紹介した、折り紙で折ったサンタクロースです。そのときは折り方の紹介はしませんでしたが、今日は折り方の紹介をしたいと思います。

          お客様にプレゼントしているのですが人気があるのと折り方教えてなどと言われるので、ネットでもご紹介です。

          2枚使って顔と体を別々の折り紙で折るサンタや可愛い腕があるサンタなどいろいろありますが、このサンタクロースは比較的簡単な折り方と思いますので、お試しください。

          特に気をつける部分もないので小さなお子さんと話をしたりしながら楽しんでくださいね。

          サンタクロースの折りかた その2

          まず、裏返して1/4折ります。このとき軽く折り目を入れて先端を合わせる位置などの見当をつけておくと折り易いですよ。



          サンタクロースの折りかた その3

          折った部分を反対に折り返します。この部分が帽子の縁になります。




          サンタクロースの折りかた その4
          今度はひげの部分になるのですが、まず上の白い部分に合わせて下を折ります。

          次に、写真のようになるよう少し折ってください。



          サンタクロースの折りかた その5

          帽子の縁を作ります。





          サンタクロースの折りかた その6

          裏返して、足になる部分を折ります。





          サンタクロースの折りかた その7
          1/2、1/2と2回折って、1/4になるようにします。

          反対側も同様に折ってください。




          サンタクロースの折りかた その8
          両方の足の部分が折れた状態です。






          サンタクロースの折りかた その9
          写真のように三角形の底辺の1/2に合わせて折ります。





          サンタクロースの折りかた その10
          反対側も同様に折ってください。






          折り紙で折ったサンタクロースの出来上がり。
          ひっくり返せば出来上がりです。

          目を書いたりするのも良いのではないでしょうか。

          表情を自由に想像できるように私は目を書いていません。
          | 折り紙 | 19:06 | comments(4) | - | - | - |
          折り紙教室の作品
          0
            折り紙で作った来年の干支の寅です。来年、2010年の干支は寅ですね。

            家内が11月の折り紙教室で習ってきたのが写真のような寅の折り紙です。

            扇面が枠の外まで広がりトラの勢いを表しているようです。

            尻尾の太さ加減や、顔の折り方で表情も変化するようで「猫っぽいなぁ」とか「寅らしくなった」とか言いながら、折り紙を楽しんでいたようです。

            折り紙で紅葉の季節をイメージした作品です。月に一度通っている折り紙教室で習ってくるのですが、色々な都合があって仕上がりがまちまちになります。左の紅葉は干支の寅より先に習ってきていましたが同時に仕上がったようです。
            | 折り紙 | 10:54 | comments(0) | - | - | - |
            美味しかった!ボジョレヌーボ2009の味と色の輝き
            0
              ボジョレ・ヌーボ2009、新酒の輝き。ちょっと遅ればせながら・・・・

              娘が贈ってくれたボジョレヌーボを昨日やっと・・・・あけました。

              夕食で開けようと言っていたのに忘れて、結局風呂上りに味わう事となりました。私にとっては好都合ですが・・・・すぐ寝るだけなので。娘へのお土産に買ったワイングラスを借りて、四葉のクローバのように幸せなひと時を楽しませてもらいました。

              シャトー・ド・ボアフランのラベルシャトー・ド・ボアフラン2009の赤です。娘はブドウの出来やワインの仕上がりなどドアット家の情報も得ているようで「良い仕上がりだって」と色々と教えてくれるのと同時に毎年プレゼントしてくれます。これが美味しいんです。

              アルコールはとても弱い私ですがこの新酒は美味しかったですよぉ。おかわりしちゃいました。(^_^)

              優しい口当たりであり、味が深いと思います。
              ソムリエールの娘なら色々と表現があるのでしょうが、私流に言えば、「美味い!」の一言です。(^_^)

              輸入元マヴィ株式会社の説明ラベル何時も、マヴィ株式会社のオーガニックワインから美味しいものを選んでくれるのです。

              この会社もこだわりを持って輸入されているようです。「マヴィのワインは美味しいよ」と一度知り合いに教えたら、飲めないのを知っているので信じないんです(^_^;)。同席していたのが「娘さんがソムリエなんだよね」と言ったとたん「あっ、メモしなきゃ」ですから。(^_^)

              ドアットさんのヌーボは来年も楽しみです。
              | 季節 | 17:22 | comments(0) | - | - | - |
              冬鳥のユリカモメがやってきました。
              0
                川岸橋の袂で1羽のユリカモメを見ました。1羽ゆったりと飛んでいて「お久しぶり、今年も来たよ!」と言ってくれているようでした。

                今日は1羽でしたが、近くにはかなり来ているのではないかと思います。群れで飛んでいる姿をもうじき見せてくれるのですね。

                季節は確実に冬に向かっています。あなたは季節の変化を何で感じられています?

                渡り鳥の渡来時期や渡去の時期を見ていると季節の変化をカレンダーより確実に感じ取れると思います。

                セミの鳴き始め、見かけない蝶を見始めた頃等など・・・・色々とありますね。自分では変化に気がつかなくても人間以外の生物は敏感です。

                「沈黙の春」の著者レイチェル・カーソンの「センス・オブ・ワンダー(The Sense of Wonder)」のように、子どもの頃に培った「すごい」や「不思議」と言う感覚を忘れないようにしたいと思っています。

                ワンダーと言えば、NHKで「ワンダー×ワンダー」と言う番組もありますね。
                | 季節 | 13:01 | comments(0) | - | - | - |
                折り紙を畳んで切ったら、モミジが出来ました。
                0
                  折り紙を切ってモミジを作りました。切り方でカエデにもなります。7.5cmの折り紙を折りたたんでハサミで切ると、写真のような紅葉が出来上がりです。葉柄の部分と葉の部分を2回切って、拡げると出来るんですよ。

                  折り畳み方を見せてもらい「この部分を切ると出来るんですって」と教わったのですが聞くとやるとでは大違い。折りたたみ方と切り方でバランスが悪かったりしちゃうんです。でも3回目くらいからバランスも取れてきて、写真のようになりました。

                  昔を思い出し、障子紙ではなく折り紙で切り抜いてみた雪の結晶。紅葉を切りながら、子どもの頃に母親に教わった障子の破れに貼るのを思い出しました。そこで、障子紙ではないけれど・・・・折り紙で切ってみました。

                  昔貼っていたのと同じ丸いのと雪の結晶は出来ないかと切り方を考えたのですが、何とか見えるようです。。。。(^_^)

                  障子紙でモミジを作り、貼っても良いですね。
                  | 折り紙 | 18:30 | comments(1) | - | - | - |
                  年賀状の季節、携帯にも便利な筆ぺんのご紹介です。
                  0
                    携帯に便利な筆風サインペン「筆ごこち」です。年賀状の季節になり、こが屋文具でも年賀状の印刷を受付中ですが、この時期もうひとつ話題になるのが筆ぺん。

                    元々季節商品だったのですが定番になった品のひとつです。

                    今日紹介するのは、呉竹の筆ぺん「筆ごこち」(写真上)と「筆ごこち極細」(写真下)です。名前の下には、筆風サインペンと書かれています。一般には筆ぺんで通りますが。。。。

                    この筆ペンは長さ14cm程度と写真から見て分かるように携帯に便利です。細字用と太字用の二種類ですがサインペン程度と極細サインペン程度の筆跡になります。

                    1本210円です。いかがですか!

                    筆ぺんを開発したのはセーラー万年筆ですが、ヒットさせたのは今日紹介している商品のメーカー呉竹精昇堂と言っていた、現在の株式会社呉竹です。

                    最初は筆と同じ毛筆と思っていたのですが、見ると「樹脂製の先で、筆じゃない」と思いながらも書いてみると筆のようにとめ、ハネ、はらいが出来たのには驚きました。それまでのサインペンでは筆のように書くことは出来ませんでしたから。

                    樹脂製の先は螺旋状に溝のような切れ目があり力の入れ加減で太くも細くも書けると言うものでした。インクの補給もこの溝を通るので切れやカスレもないものでした。筆ペンも当初は季節商品として、年賀状の季節のみの販売でしたが、今では通年を通して売れている定番商品となっています。

                    ちなみに他社は「筆ペン」とカタカナもあるのですが、呉竹では「筆ぺん」とひらがなを使っています。和にこだわりがあるようですよ。
                    | 筆記具 | 13:20 | comments(0) | - | - | - |
                    鉢植えの木も綺麗な紅葉が始まりました。
                    0
                      鉢植えの綺麗な紅葉。寒くなりました。明日はもっと気温が下がるようですね。温度差があるほど紅葉はきれいだと言いますが、良く通る家の前できれいな紅葉を見ました。

                      と言っても1本ですが。ナナカマドでしょうか?

                      雨に濡れた赤と緑と橙色がきれいです。今まで通っているのにこの木に気がつきませんでした。見てはいても何気なく通りすぎていたんでしょうね。

                      デジカメを持っていなかったので今日撮ろうと思っていたのに、また忘れちゃって。携帯にしました。撮りそこなうと来年になっちゃいますから。 (^_^)

                      1本でも綺麗なのに全山紅葉となったらすごいでしょうね。写真が趣味なのに、撮影に行く事も無い私は遠い山を思い描いてしまいました。

                      透過光で綺麗な葉の色、順光でも綺麗な赤や黄色、樹種による紅葉・黄葉のカラフルな色が山の彩りになるんですね。
                      | まちの一コマ | 11:12 | comments(0) | - | - | - |